今夜の肴

四季の中で「春」は美味しい季節ですね。
フキノトウから始まって、コゴミとタラの芽 そしてワラビ。
今、ハマっているのは「山ウド」です。
毎日、新芽を探しながらキョロキョロと散歩。
2020-06-07 001.JPG










ここ標高の高い場所は日陰等の温度差が多いことから
あちらこちらに、順番に落ち葉の下から新芽が顔を出します。
毎日天ぷらでいただきますが、キンピラや煮物は
新緑や山サクラの花を見ながら、そして山菜の香りでの晩酌は最高です。
ただ、残念な事は酒の量が直ぐに少なくなってしまうことです。
雲上の高原も午後には24℃にもなりますが、木陰はヒンヤリと涼しく
人間が居ない山の中は安心して胸いっぱい深呼吸できます。

薪割り

毎年、この時期から来年のストーブ用の薪を造ります。
ナラの生原木を買って、手斧で割るんですが
300mm位の大木を割るのは大変。 と思いますか??。
2020-06-03 002.JPG











2020-06-03 001.JPG










自己流ですが、玉切りして数日間ホッて置くと割れが発生するので
そこをめがけて斧を入れると「バカ」っと割れます。
気持ちいいですよ。
木は立てずに寝かせた状態で斧を入れるので、斧ふりだけに
集中できます。うまくいけば3回で4ピースに割れます。
薪を立てて割るのは大変なので、皆さんも試してみてください。

東の空の虹

29日の夕方、急に南方が厚い雲に覆われて
雨が降り出した夕食時に、蓼科山を背景に
クッキリと七色の「虹」が表われ
暫くの間、眺めながらの晩酌を頂きました。
2020-05-29 005.JPG







2020-05-29 004.JPG








実際は二か所に発生したのですが、映ったものは
ボヤケタ一つの虹だけ(素人だから)。

高原の草花

春ゼミも鳴き、草花が可愛い日本の四季の「春」です。
スズランや10mm程の花のチゴユリは気持ちを癒してくれます。
2020-05-29 001.JPG






2020-05-29 003.JPG










目に見えぬウィルスの恐怖におびえながら生きて行かないと行けない
これからの地球。
科学技術が猛烈に進歩しても、こんな微細な生き物におびえながら暮らさないと
いけない人類は、これからどんな暮らし方に替わっていくのでしょうかね。

自粛暮らし

人間は弱い物。
自然は時間が来ると、ちゃんと結果を残す。
自然からの贈り物で毎日楽しく生きている天空の暮らし。
不便な環境こそ、生きている実感がします。
2020-05-24 003.JPG











春セミの羽化
2020-05-24 006.JPG






フキノトウ、コゴミ、ウド、ワラビ、そして山ウド
2020-05-24 005.JPG










ミヤマオダマキ
時が来るとその時の生き物が生まれ、そして綺麗な花が咲き乱れ
山菜などの天然の食物が手に入る、こんな暮らしが生き物の世界です。

満開の山サクラ

シーンとした高原。
木々の葉が芽生え始め、山菜も出始めて新緑のいい春なのに。
何と不気味な雲上の高原です。
今聞こえるのは野鳥のさえずりと、ふわっと吹く風が小枝をすり抜ける時の音だけ。
静寂の世界です。満開の山桜がこれからの時代に想いを寄せるだけ。
2020-05-12 001.JPG








200-05-12 002.JPG








きっと、昔の様な楽しい世界が戻ることでしょう。
ウィルスに負けない人類にしましょう。
みんなでね。


誰かな

コロナウィルス感染拡大防止で外出自粛。
余にも暇すぎるので、いつも見ている蓼科山。
まだ、北斜面には残雪がたっぷりと残っている。
しかし、何の痕??????
山頂から伸び下がっている一つの線。
2020-04-23 002.JPG








2020-04-23 001.JPG








やはり、今年も誰かが山スキーをした跡の模様。
6月までは観光休止の場所が多い、シーンと静まり返った
観光地も、暇だねぇ としか言えない 毎日。

上雪

4月に入って二度目の「上雪」。
2020-04-18 001.JPG








南岸低気圧が発達すると、このような雪降りに。
多分、白樺高原だけと思うが、5時ごろからチラチラと降っています。
2020-04-15 005.JPG








2020-04-15 003.JPG
外出自粛を天の神様も応援しているかのように、雪や雨降りの週末。
感染拡大に、国民「ワンチーム」で協力しましょう。
雪が積もった事で動物たちもジッとしてます。


星空

昨日は春の大雪(約50cm)で一日雪掻きに追われました。
ただ、やはり春。日差しが温かく夕方には除雪した場所だけ
地面が渇いてしまいました。
今は除雪しない場所だけ、真っ白です。
今朝の早朝に月と木、金、土星が4つ並ぶ星空が確認できました。
時間はAM4がベスト、5時頃には明るくなり木星等は写真に
なりませんでした。
2020-04-15 001.JPG

大雪春

季節外れの大雪?
それとも、まだ冬ですか。
シーズン中には無かった春の大雪です。
12日の夜から降り続いて14日の朝まで降ってました。
積雪は300mmを超えています
2020-04-14 002.JPG








2020-04-14 001.JPG








今日は屋根からの落雪を確認してから除雪の一日になりそうです。異常気象の最近、本当に今までになかった事象が起こりますね。
とにかく、健康には充分に気を付けましょう。

孫の為に

コロナウィルスの感染拡大防止のため
会えなくなった「孫」の為に、リクエストされた
雪だるまを造りました。
2020-04-12 005.JPG









2020-04-12 004.JPG











春の雪ですが、冷たさを我慢して子供たちに人気の二体を
急いで造ったところです。

春の雪

昨日の夕方に降った雪、40mmも積もり
裸の木々に「雪の華」満開に。
2020-04-12 003.JPG








2020-04-12 002.JPG








2020-04-12 001.JPG








最近の天気予報の高確率で予測はしていたものの
こんなに真っ白に積もるとは??
今朝の気温は氷点下3℃ と まだ冬の気配が残っていますが
地球温暖化の影響は日々顕著に観える様になってきた感じです。
人類の強敵なのか細菌や寄生虫など
自然災害の不安が益々募る毎日ですね。

また、雪

予報通りに、16時ごろから雪が降り出しました。
2020-04-11 001.JPG









2020-04-11 002.JPG









外出制限が出ているから、良い事なのかな。
ウィンターシーズン中はちっとも降らなかった雪ですが
桜が咲き始めたこの時期、普段ならお花見等で
アウトドア日和でしたが、目に見えぬ敵に苦慮。
何も出来ない全人類の弱さを思い知る最近です。
まだ、また明日があるよね と 思う予報の高確率に感動してます。

今朝のお月さん

スーパームーン二日目。
天気を気にしながら早起き。
意外とジッとしていた「スーパームーン」です。
朝焼けと共にピンク色の中に溶け込んでいく大きな月。
目に見えないウィルスと戦う人類を何と思っているんでしょうか
月の「うさぎさん」??
月面模様が不安を煽るようです。
2020-04-09 003.JPG









2020-04-09 004.JPG









2020-04-09 007.JPG









2020-04-09 008.JPG

雨氷

今季最後で最高の降雪だった29日。
気温の急変が生んだ景色がこれです。
2020-03-30 002.JPG








2020-03-30 001.JPG








木々に纏わりついた雨が凍って、氷の衣装を纏っていました。
木々は折れ曲がり、倒木や停電被害もあるこの現象
何も被害を受けない者には、ただ綺麗にしか観えないでしょうね。
自然は優しい時もある反面、非常に恐ろしい魔力を見せつけます。

氷の簾

昨日は日付が替わったころから雨から雪になったため
珍現象の景色が観られました。
木々は雨がまとわりながら凍って垂れ下がり、倒木や着雪の被害も。
これは風が無かった為か、均等に並んだ「ツララ」です。
2020-03-29 007.JPG







2020-03-29 006.JPG







まるでよく観る「すだれ」の様に、ツララの簾です。
そして今朝は雨が降っていないのに、サラサラと枝に着いた氷が
落ちる音が聞こえます。
季節外れの「大雪」今年を不安にする自然災害です。
2020-03-29 005.JPG

嵐の前の静寂

やっと乗鞍岳に沈む夕陽を、ゲット。
もう少し左に沈む夕陽を撮りたかったのですが
真っ赤に染まった夕焼けは、ホットする景色です。
2020-03-18 001.JPG









2020-03-18 002.JPG









2020-03-18 003.JPG









ただ、予報では「春、二番」の大荒れとか
なんか、嵐の前の静けさって感じ。
桜が開花し始めたこの時期に降った雪も、日中の温かさで
べっとり と 春の匂いが漂うます。