テーマ:自然

台風

秋は台風の季節ですが、19号は最強の雨台風だった様です。雲上の高原は大雨でも被害は観られず、下界の川沿いが大変な被害を受けた模様です。何時も通る橋や鉄橋が流されたニュースで観る景色は余にも無残で悲しいです。被害規模が広大なのでこれからの冬が心配です。蓼科山は何もなかった如…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋を求めて

今日も無風の快晴。嵐の前の静けさ、怖いですね。台風19号の接近、日本をかすめてくれればね。貴重な秋の青空のもと、近所で秋の標を求めて探して歩くと、たわわな山ブドウや叔母ユリの種そして、ヤマボウシ と 実りの秋の標です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋の行方

毎日天気が悪くて、秋の景色が解かりませんでした。今日は久しぶりの快晴。近所の秋の気配を探しに散歩しましたがまだまだ、秋は遠い先の様子。蓼科山の北斜面の紅葉と乗鞍岳の様子、放牧された馬達。 山ブドウやコルチカムを観る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カルガモのひな

最近確認した親子。何時もの年ですと五月の連休頃に次々と生まれる子ガモですが、今年はこんな真夏に生まれました。五羽元気に親鳥の後を着いて泳ぎ回っているのですが 何匹残るかが心配。この心配は、午後に始まり子ガモが四羽に、そしてついに帰る頃には三羽と、心配が的中。元気に成長できるのは今回、何羽でしょうかね
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

激暑と猛暑

用事があって東京に。雲上の高原は26度近辺で梅雨明け宣言で暑くはなったものの夏らしい空気で、やっとジメジメから解放できたと思って下界へ。大変でした。エアコンの世話になっていない高原の涼しさに慣れた体は直ぐに悲鳴が。                不慣れな冷風に身体が着いていけず汗が滝の様に。36度の世界は何処にいても暑く辛い。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨の一時

この時期の話題になる「カルガモの親子」何時もの湖に親子を確認。最初は八羽でしたが、いつの間にか二羽に。これはカラスやトンビ等夜間はキツネやタヌキなどに食べられたために少なくなったものですが、自然ですから仕方ない現実。 このまますくすくと育って欲しいものです。ただ、今年は五月の連休後のヒナで何時もの年より、遅い出産です。これも異常気…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨の中の虹

夕方に日差しが射した蓼科山。 梅雨の晴れ間の蓼科山に、綺麗な「虹」が。 最近のネタ不足の中でパッとした景色。 夕陽に浮かぶ、蓼科山をバックにした「虹」は綺麗でした。 山頂に残る僅かな「残雪」、もうすぐ消えてなくなる姿は 皆さん判りますか。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の息吹

連休後の温かさ。 木の芽が膨らみだして、黄緑色に変っていく木々。 フキノトウも終わり、タラの芽やコゴミの山菜が取れ出しました。 自然の中での暮らしで、一番楽しい自然からの贈り物です。 厳しい冬を乗り越えたご褒美、日本でなければ味わえない 天にも昇る幸せな時です。 カラマツや白樺の「幼葉」は、やは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雲海今朝

やっと新緑の季節です。 今年は寒さが長引いて、山菜も遅れています。 我が家の庭にある「タラの芽」はやっと食べごろ。 コゴミやワラビはこれから、昨年より二週間以上遅いです。 そんな寒さの影響なのか、雲海の上に木曽駒ケ岳が観える 珍しい朝の景色でした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再会

昨年生まれた野生の「タヌキ」。 厳しい極寒の雪の季節を、無事生き抜いた子タヌキが ひょっこり玄関先に来ていました。 人間を見ても逃げず近寄ってきて、パンを食べる時は横座りする姿は 昨年の五匹の子タヌキの一匹であることが確認できました。 野生動物がこんなにも記憶が残っているとは凄いものです。 小さい生き物は可愛いものです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

立夏前の雪

予報通りの雪降り。 来月は、「立夏」に入るというのに 気温は0℃。 雲上の世界はまだまだ、真冬 かな????? 東信各地を観ても、ここだけが雪降り。 連休に入ったというのに。 残念なゴールデンウィークの始まりです。{%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雲海

今朝は寒い。 氷点下2.6℃の気温は、まだまだ冬の寒さだね。 朝起きてカーテンを開けた瞬間、この景色が。 満月と雲海の上に居る雲上の生活は感動の日々ですが 今年のゴールデンウィークはどんな気温になることか。 やっと桜が満開のニュースになる信州は、これから良い季節です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春なのに

ウィンターシーズンにも観られなかった冬景色。 今朝は4月中旬というのに、氷点下7.2℃。 真っ白な蓼科山は今季初めての冬着です。 ゲレンデはトップシーズン並みに残雪があり、下界の「桜」 満開のニュースは別世界の話の様です。 この季節感の狂った気象現象、やはり不安な一年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なごり雪ならね

雪が無くなってフキノトウが出始めた高原でした。 標高が高いから、この時期も雪が降ることはあるが 暖かい日を過ごしてしまうと、やはり寒いのは 「イヤ」。 早朝の4時から降り出した「細雪」は時間が経つにつれて 降る密度も増し、現在100mm程積もりました。 こんな天気が今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

氷の枝

今朝も氷点下10℃。 極寒の高原。 本当4月になったのでしょうか???? 満開の「桜」 とか 入学式とか入社式のnewsで 新年度かぁ と 感じるものの 外の景色は「白銀の世界」。 一体ここは何処 と 思う毎日です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桜か雪か

今朝の気温、氷点下10℃。 ここは何処でしょう??????? ウィンターシーズンも終わり、新緑シーズンに向けた準備の最中。 真っ白な「冬景色」。 どうなっているの、今年の季節感。 2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

逆戻りした季節感。 今朝は昨晩からの雨が雪になり、平成最後の降雪となりました。 下界の「サクラ」満開のニュースを聞きながらの雪景色。 今年も異常気象が多いのかな??? 新年号は天災が少ない事を願う文字に。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

霧氷

22日の早朝気温は+8.3℃、今朝の気温は氷点下6.6℃。 この急変、シンドイ。 雪があっても汗ばむ週末でしたが、予報通りに気温は急降下。 朝は「霧氷」が満開でした。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤヨイの大雪

シーズン終わりの大雪。 毎週降った積雪は今日で100cm越え。 真冬に戻った白い景色 だが、気温は春です。 下界は「サクラ」が開花し始めたとか。 もう 今年は雪要らない。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

可愛い来客

雪が降った為に餌に不自由していると思い、何時もの様にヒマワリの種を 置いてみました。 野鳥はコガラからシジュウカラ迄何時もの様に来ては食べているのですが 今日初めて写真に収めることができたのは、「本土リス」です。 二匹で来ているのですが、警戒心の強い小動物。 やっとの思いで撮りました。 可愛いフワフワした毛並みが温かそうです…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

震災の涙か

今月三度目の大雪、一晩で300mm。 これは震災で無くなった方々の「なみだ」では。 悔しかっただろう多くの方々の、天からのお知らせですね。 東電のユーザーの方々は、地方の犠牲で生きていることを 改めて感じて考えてください。 何時かは天からの罰を受けない様に。 天国に行っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

またまた雪

3月に入って、春かなぁ と 思っていたら 何と、「真冬」 の日々に。 この天候は何の前触れ?? 5日に40cm近い今季の大雪が、今日も20cm弱の積雪。 それも時々猛烈な吹雪に、気温は氷点下3.0程度ながら 厳冬期並みの寒さと吹雪。{%がっかり(or…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大雪だぁ

3日のお昼から降っていたこの時期の雪は、一時雨模様に なったものの、5日の朝方まで降り続き、なんと400mm程の 積雪に。 湿った雪だが今季最高の天然雪です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最後の雪

2月最後に大雪。 朝からボタ雪や粉雪が降ってきました。 今季、初めての雪降りの一日でした。 そして、3月初めのゲレンデ。 標高の高いところだけ、雪でしたが数百メートル下は雨でした。 でも、こんなに雪を観たのは今季初めてです。 ただ、温かな気温で融けだしが早く、いつまで残るのか天然雪。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夕焼け

この言葉は、夕焼けは何時が良いのかね。 まだ2月なのに、温かく雪が融けてしまった高原。 小鳥の声も「ピーチクパ~ちく」 と まるで春です。 夕焼けの景色も何となく、ノンビリと 暖かく 冬を忘れさせる今年の冬季。 猛烈台風が発生とか と 不安な今年の気象。 想定外…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

滝雲

まだ二月なのに。 今朝の大門峠を流れ落ちる「雲の滝」。 茅野側から長門方面に流れ落ちる雲の滝です。 時々見られるこの景色は、高原に暮らす自然からの贈り物。 ただ、この時期 まるで四月下旬の気候にビックリです。 この夏の気温の高さや、経験のない自然の猛威に不安を感じる 気温の高さです。{%日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパームーン

温かい雨で雪解け。 春の訪れを感じるお月さん。 スーパームーン と 言うことで夜は非常に明るかった。 道路の氷が融けるほどの温かさ。 今朝の気温?? +6.0℃。 もう春です、二月なのに。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誰の足跡

この時期は雪の上にいろんな形跡があります。 キツネや鹿はどこにでも見られるものですが、気を付けると こんな小さな可愛い足跡があります。 「本土リス」、雪の中を自分が隠した木の実を探しに 走り回った足跡です。 本体は木々を飛び跳ねて移って行くために 中々写真に納まることはありません。 ただ、この時期 雪の上にはいろんな模様が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冬のアルプス

立春過ぎのアルプスの姿。 今朝は僅かに「霧氷」も観られ、真っ青とはいかない空と 白い「日本アルプス」の山々が、春を感じさせる姿で居ました。 まだ二月で雪に悩まされる毎日の筈が、今季は雪不足 そして 暖冬 今迄に無かった季節感の毎日です。 日中は「薪ストーブ」を焚くと、部屋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自然造形

これは枝にできた「氷の姿」。 日中の温かさで雪が融けて、屋根から落ちた水滴が 木の枝に凍り付き、こんな「タコ」みたいな姿に。 人工的には絶対表現できない、自然の芸術です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more