今夜の肴

四季の中で「春」は美味しい季節ですね。
フキノトウから始まって、コゴミとタラの芽 そしてワラビ。
今、ハマっているのは「山ウド」です。
毎日、新芽を探しながらキョロキョロと散歩。
2020-06-07 001.JPG










ここ標高の高い場所は日陰等の温度差が多いことから
あちらこちらに、順番に落ち葉の下から新芽が顔を出します。
毎日天ぷらでいただきますが、キンピラや煮物は
新緑や山サクラの花を見ながら、そして山菜の香りでの晩酌は最高です。
ただ、残念な事は酒の量が直ぐに少なくなってしまうことです。
雲上の高原も午後には24℃にもなりますが、木陰はヒンヤリと涼しく
人間が居ない山の中は安心して胸いっぱい深呼吸できます。

薪割り

毎年、この時期から来年のストーブ用の薪を造ります。
ナラの生原木を買って、手斧で割るんですが
300mm位の大木を割るのは大変。 と思いますか??。
2020-06-03 002.JPG











2020-06-03 001.JPG










自己流ですが、玉切りして数日間ホッて置くと割れが発生するので
そこをめがけて斧を入れると「バカ」っと割れます。
気持ちいいですよ。
木は立てずに寝かせた状態で斧を入れるので、斧ふりだけに
集中できます。うまくいけば3回で4ピースに割れます。
薪を立てて割るのは大変なので、皆さんも試してみてください。